廃棄物処理の申込方法

  • 各種の実験系廃棄物に応じて分別収集した廃棄物は、次の処理申込票をダウンロードしてリスク・安全管理課(技術部門、 以下「技術部門」という。)あてに電子メールで送信してください。
  •  

  • ファイル名は廃棄物の種類と申込者が分かるようにしてください。
      例:「有機廃液(化学、佐藤研)」
  •  

  • 動物実験系廃棄物は、書面による3枚つづり複写式の専用票を使用するため、電話又は電子メールにて技術部門まで請求してください。
  •  

  • 取扱いの詳細については、本サイト内の実験廃棄物について又は筑波大学実験系廃棄物取扱いの手引き.pdfをご覧ください。

 

廃棄物処理申込票

廃液等の運搬上の注意事項

  • 廃液タンクに入れる廃液は、収集後の作業の安全性を確保するために、容量の「8分目まで」を目安にしてください。
  • 指導教官等の内容物を理解した者の監督のもと、「二人以上」で運搬してください。
  • 台車で搬入する際は、廃液タンクの転落防止のために「かご付き台車」を使用するか、もしくは、廃液タンクを「ゴムベルト等で固定」して搬入してください。
  • 搬入に当たっては、作業着または白衣、防護めがね、防護てぶくろ等を使用してください。
  • 万が一廃液タンクから廃液が漏れた場合でも「身体を保護」できるように長袖、長ズボンを着用してください。
  • サンダルやスリッパ、ヒール履きでは搬入しないでください。

 

 

申込先

リスク・安全管理課(技術部門) jitukan(@)un.tsukuba.ac.jp
 
(@)を@に置き換えてください)

 

 

問合せ先

  • 動物実験系廃棄物  2891
  •  

  • 実験廃液、固形廃棄物、
    廃試薬       2893

 

廃棄物の搬入先

お知らせ一覧を表示

緊急連絡先

避難場所一覧

AED設置場所

ヒヤリハット事例

喫煙場所一覧

メンタルヘルス相談窓口


PAGE TOP