屋外放送設備について

筑波大学では、地震や火災などの大規模災害が発生した時、または発生するおそれがある時、広い構内に情報を届けるため、屋外放送設備を設置しています。

避難の指示や災害規模の情報は、防災拠点となる本部アネックス棟から発信され、屋外避難場所を中心に設置された23台のスピーカーへ無線で接続し、各地区に届けられます。

 

この屋外放送設備は、太陽電池と蓄電池を組み合わせ、停電の時でも使えるようになっています。

スピーカーの設置場所と聞こえる範囲を地区ごとに分けて表示していますので、ご覧になりたい方は、地区名をクリックしてください。

 

b4okugaihousougainenzu

北地区   中地区   南地区

 

 

西地区   春日地区

PAGE TOP