AEDの設置について

Map of locations of AED (automated external defibrillator) at University of Tsukuba

 

AED(Automated External Defibrillator;自動体外式除細動器)は、突然心臓が正常に拍動できなくなった心停止状態の心臓に対して、電気ショックを行い、心臓を正常なリズムに戻すための医療機器です。日本では、2004年7月から心停止の患者の蘇生に一般市民も使用できるようになりました。

心停止の負傷者を救命するには、迅速な、①通報(119番)、②心肺蘇生、③AEDによる除細動、④病院への転送、のどれもがうまくいくことが重要です。AEDの使用方法はとても簡単で、①スイッチを押して起動させる、②電極パッドを胸に貼る、③必要ならば通電ボタンを押す、ことだけです。しかも音声メッセージでそれぞれのやり方を案内してくれます。

簡単に使えるとはいえ、実際の場面できちんと救命を行えるようになるには、日赤や消防署などが実施している講習会を受講しておく必要があります。運動部などの団体では、必ず誰かが受講しておき、万が一の場合に取り扱える人がいる状態が望ましいでしょう。また、学内での自分の行動範囲から、どこにAEDが設置されているのか把握しておいてください。


AED設置場所

Map of locations of AED (automated external defibrillator) at University of Tsukuba

 

本学のAED設置場所は次のとおりです。

地区別AED設置場所

 

 

地区別AED設置場所

AEDの設置場所は地区ごとに分けて表示しています。

 

筑波地区

北地区 (農林技術エリア、一の矢宿舎エリア、植物園エリア)

筑波地区先頭へ戻る

 

 

中地区(第1エリア、第2エリア、第3エリア、実験センターエリア、本部棟エリア)

実験センターエリア

第三エリア

本部棟

第一エリア

第二エリア

 

筑波地区先頭へ戻る

 

南地区 (大学会館エリア、体育・芸術エリア、体育施設エリア)

 

大学会館エリア

体育施設エリア

体育・芸術エリア

筑波地区先頭へ戻る

 

 

西地区(医学エリア、平砂・追越宿舎エリア、春日プラザ)

筑波地区先頭へ戻る

 

 

春日地区

筑波地区先頭へ戻る

 

 

 

東京キャンパス、附属学校

 

 

 

遠隔地:センター・研修所等

 

 

 

 

PAGE TOP