健康・メンタルヘルス

教職員一人一人が健康で生き生きと働くためには、適切な運動や健全な食生活、ストレスコントロールなどによって、身体機能の低下や生活習慣病などを予防することが大切です。そのため、筑波大学では、病気を未然に防ぐための健康診断やメンタルヘルス対策を実施しています。

さらに、突然のけがや病気に対応するためにAEDを学内各所に設置し、社会的影響が大きい感染症が発生した場合の行動指針を定めるなど、健康障害の拡大の防止に努めています。

 

健康診断について メンタルヘルス対策について AEDの設置について

感染症対策について 受動喫煙の防止について

お知らせ

2021.11.17| 令和3年度メンタルヘルス講演会をオンデマンドで開催します

2021.11.09| 筑波大学新型コロナワクチン職域接種(大学拠点接種)の終了のお知らせ

2021.10.21 | 令和3年度秋期健康診断を実施します。

2021.08.20 | 令和3年度ストレスチェックの実施方法について掲載しました。

2021.03.25 | 令和3年度 職員定期健康診断について

2021.03.18| 本学産業医によるメンタルヘルスミニレクチャーの開催について

2021.03.15 | 【非常勤職員・シニアスタッフ対象】生活習慣病予防検診及び特定健康診査について、令和3年度版に更新しました。

2020.10.13| 令和2年度健康診断の実施について(通知)

2020.09.01| ストレスチェックの実施方法についてお知らせします。[学内専用]

2020.08.31| 「紫外線環境保健マニュアル」が改訂されました

PAGE TOP