薬品・実験廃棄物管理

幅広い教育研究活動を展開する大学では、様々な分野において化学物質が使用されており、そこには多くの潜在的リスクが内在しています。そのため、事件事故、健康障害等の防止に向けて、化学物質の厳正な管理や有害廃棄物の適切な処理が求められています。

 

お知らせ

2024.05.22 | 「筑波⼤学における化学物質を取り扱う際の保護具着⽤⽅針」を掲載しました。

2024.05.15| 学生の皆さんが安心して化学実験を行うための研修会を6月24日(月)に開催します

2024.04.25| 【再掲】作業主任者等の追加・変更について(依頼)

2024.04.22| 退職教員の試薬置き去り防止の取り組みについて(協力依頼)

2024.04.10| 【お知らせ】廃棄試薬回収の一時停止について

2024.04.09| 薬品・高圧ガス管理システム説明会の見逃し配信について(通知)/The video of the CRIS Briefing in English is now available.

2024.04.08| PRTR法に基づく指定化学物質取扱量(令和5年度分)を調査します。[学内専用]

2024.04.08| 産業廃棄物管理票交付状況(令和5年度分)の報告をお願いします。[学内専用]

2024.04.08| ポリ塩化ビフェニル(PCB)廃棄物等の保管状況を調査します。[学内専用]

2024.03.13| 【再掲】筑波大学廃棄物取扱いの手引き(2024.3月版)及び筑波大学の実験系廃棄物分別収集早見表(2024.3月版)について

PAGE TOP