健康・メンタルヘルス

教職員一人一人が健康で生き生きと働くためには、適切な運動や健全な食生活、ストレスコントロールなどによって、身体機能の低下や生活習慣病などを予防することが大切です。そのため、筑波大学では、病気を未然に防ぐための健康診断やメンタルヘルス対策を実施しています。

さらに、突然のけがや病気に対応するためにAEDを学内各所に設置し、社会的影響が大きい感染症が発生した場合の行動指針を定めるなど、健康障害の拡大の防止に努めています。

 

健康診断について メンタルヘルス対策について AEDの設置について

感染症対策について 受動喫煙の防止について

お知らせ

2017.09.21| 平成29年度結核予防週間の実施について(依頼)

2017.09.01| ストレスチェックの実施方法についてお知らせします。[学内専用]

2017.06.07| 生活習慣病予防健診及び特定健康診査のお知らせ

2017.05.08| 平成29年度職員定期一般健康診断、特殊健康診断及び癌検診等の実施について(通知)

2017.02.14| 平成28年度 第7回生活環境・職場ストレス調査にご協力ください。(3/24まで)

2017.02.07| 平成28年度メンタルヘルス講演会を開催しました。

2017.01.30| 海外出張等職員の健康診断に関する調査を実施します。

2017.01.12| 平成28年度メンタルヘルス講演会を2月1日(水)に開催します。

2016.10.07| 平成28年度職員一般健康診断、特殊健康診断及び癌検診等を実施します[学内専用]

2016.05.10| 平成28年度職員定期一般健康診断、特殊健康診断及び癌検診等の実施について(通知)

PAGE TOP