実験廃棄物について

大学の実験室から排出される実験系廃棄物は多種多様であり、その処理方法は廃棄物ごとに異なりますので、分別収集のルールや注意点を守って、正しく取り扱いましょう。

廃棄物の種類と該当する廃棄物

 

実験を行った時に発生する実験系濃厚廃液(一次洗浄水及び二次洗浄水を含む)のすべては、下水道法、水質汚濁防止法、つくば市下水道条例等により、実験流しに流すことや地下に浸透させることが厳しく禁じられています。処分の際には、廃液の区分ごとに堅牢な廃液ポリ容器に分別収集し、所定の処理申込票に詳細を記入のうえ、事前に申し込んでください。

 

また、不要となった薬品、実験で使用したシリカゲルなどの粉体や注射針・カミソリなどの実験系固形廃棄物も正しく処分しなければなりません。

詳細については、それぞれの実験廃棄物処分方法をご覧ください。

 

そのほか、処分方法をコンパクトにまとめた筑波大学における廃棄物取扱いの手引き.pdfもありますので、参考にしてください。

 

実験廃棄物の処分方法

PAGE TOP