新JISHA方式 化学物質リスクアセスメントプログラム [ たなご ]

はじめに

このプログラムは平成28年6月1日に施行された改正労働安全衛生法の化学物質リスクアセスメントに対応するため作成したプログラムです。普段使っている化学物質がどのくらいのリスクを持っているのか,どうすればリスクを下げられるのかを考えていただくために作成しました。

 

リスク評価方法は「テキスト 化学物質リスクアセスメント 中央労働災害防止協会編 ISBN978-4-8059-1692-6」の第4章の3「管理目標濃度となる職業性ばく露限界が設定されていない場合で作業環境測定等の実測値が無い場合」(p.85)を基にしています。

 

仕様およびインストール方法

動作環境

・Windows Vista以降のWindows(.Net Framework 4.5.2以上がインストールされている環境)
・1280×800ドット以上表示可能なディスプレイ

 

インストールおよびアンインストール方法

 
インストール Zipファイルをダウンロード後、任意の場所にフォルダごと
解凍してください。
 program tanago
クリックするとダウンロードできます。
アンインストール フォルダごとごみ箱に捨ててください。
レジストリはいじっていません。

 

ファイル構成

 拡張子が.txt以外のファイルは全てプログラムの起動に必要なファイルです。
 他のフォルダへの移動や削除はしないようお願いします。

 ・たなご.exe・・・・・・・・・・・プログラム本体の実行ファイル
 ・最初にお読みください.txt・・・・・・・・・起動前に必ずお読みください
 ・簡易説明書.pdf・・・・・・・・・・・簡単な説明書
 ・更新履歴.txt ・・・・・・・・・変更履歴
 ・ライセンス.txt ・・・・・・・・・・ライセンスについて
 ・Tableフォルダ
   8h-EELInterLevelTable.dat ・・・8時間の推定ばく露レベルを決定するための内部表
   8h-EELTable.dat ・・・・・・・・8時間の推定ばく露レベルを決定するための表
   GHS_Classification.dat・・・・・化学物質のGHS区分や物性・法規情報のデータファイル
   HL2Table.dat・・・・・・・・・・有害性レベルを計算するための表
   RLTable.dat ・・・・・・・・・・リスクレベルを決定するための表

 

マルウェア確認

Symantec Endpoint Protection 12.1.6(12.1RU6MP5)ビルド7004(12.1.7004.6500),パターンファイル2016年7月13日r21にてチェック済み

 

初回起動時のアラート及び更新チェックについて

2016年7月5日現在,本プログラムはコードサイニング(署名)をしていないため,初回起動時のみ, Microsoft SmartScreenによる警告(WindowsによってPCが保護されました,などのメッセージ)が表示されることがあります。「詳細情報」をクリックし,「実行」をクリックして起動してください。

 

プログラムの起動時に更新チェックのためにネットに繋ぎに行きます。インストールしているアンチウィルスによってはプログラムを検疫するかもしれませんので,その場合には除外設定をお願いいたします。

 

手元の環境でマルウェア等の確認は行っておりますが,本プログラムの使用を危険だと判断される場合には使用を中止し,厚労省の提供するウェブプログラムなど,他のリスクアセスメント方法をご利用ください。

 

使用方法

1.物質の選択
 リスクアセスメントする化学物質を選択します。

 1)ドロップダウンリストから物質を選択します。
   政令番号順に並んでいます。
 2)CAS番号または物質名から検索します。
   CAS番号または物質名をコンボボックス内に入力することで物質の検索ができます。
   物質名については部分検索も可能です。

 

 物質が入力されると,法規情報,GHS区分情報,物性などが自動入力され,GHS情報を基に有害性レベル(HL2)が表示されます。

 ※一部の物質では物性が表示されない項目もあります。

 

2.作業条件の入力
 作業条件を入力します。

 

 

 使用温度

 通常は室温(20℃)ですが,他の温度で使用する場合にはコンボボックスから選択するか直接入力します。
 なお,沸点以上の使用温度を入力した場合には,本プログラムによるリスクアセスメントの対象外となりエラーを表示します。

 

 

 作業時間

 1日当たりの合計作業時間をドロップダウンリストから選択します。

 

 

 作業頻度

 1週間当たりの作業頻度をドロップダウンリストから選択します。実験作業が週1回未満の場合は,「1日未満」を選択して下さい。

 

3.揮発性・飛散性の入力
 液体の場合は揮発性,固体の場合には飛散性をラジオボンで選択します。対象物質が液体で沸点をデータとして持っている場合,自動的に選択されます。対象物質が固体の場合には,物質の形状を選択します。

 

4.取扱量の入力
 作業1回あたりの取扱量を入力します。液体の場合は容量(kL,L,mL),固体の場合は重量(ton,kg,g)で入力します。

 

5.換気状況の入力
 換気状態を入力します。「換気なし」は換気扇等も含め換気が全くない場合に選択します。

 

6.作業方法の入力
 使用物質による汚染や,スプレー噴霧などの作業の場合にチェックボックスをチェックします。

 

7.リスク判定
 すべての入力が終わったらリスク判定ボタンをクリックします。
 与えられた条件ではリスクレベルの判定できなかった場合はダイアログが表示されますので,条件を見直してください。

 リスクレベルが計算できる場合は,右下にリスクレベルが表示されます。
  

  リスクレベル1:些細なリスク
  リスクレベル2:小さなリスク
  リスクレベル3:中程度のリスク
  リスクレベル4:大きなリスク
  リスクレベルS:目と皮膚に対するリスク

 

 リスクレベルが3又は4となった場合は,リスクレベル2以下になることを目標として対策を行います。
 一般的な対策の手法としては,以下のものがあります。項目番号の小さいものほど根本的な対策になります。
 また,リスクレベルがSと判定された場合には手袋,保護メガネなどの個人防護器具が必要です。

  1. 本質的対策
    ・化学物質の使用中止
    ・危険有害性の小さい他の化学物質への変更
  2. 工学的対策
    ・作業の密閉化
    ・局所排気装置・プッシュプル型換気装置の設置
    ・全体換気装置の導入
  3. 管理的対策
    ・作業方法の改良
    ・作業行動の最善(教育)
  4. 個人保護具
    ・手袋・保護メガネ・マスク

 

 具体的にどのような対策を実施するについては,所属組織の安全衛生担当者とご相談ください。

 

使用条件・再配布・免責事項等について

License.txt をお読みください。

 

参考文献

テキスト 化学物質リスクアセスメント 第1版 第1刷
中央労働災害防止協会編
ISBN 978-4-8059-1692-6

 

連絡先

以下からお願いいたします。
たなごアンケートフォーム

 

 

お知らせ

2017.04.13| ポリ塩化ビフェニル(PCB)廃棄物の保管状況を調査します。

2016.12.15| 平成28年度英語による薬品・実験廃棄物管理研修会を開催しました。

2016.11.07| 平成28年度薬品・実験廃棄物管理研修会を開催しました。

2016.10.07| 平成28年度不要薬品等の廃棄について(申込締切:11月25日)

2016.09.26| 平成28年度薬品・実験廃棄物管理研修会を11月1日(火)に開催します。

2016.07.25 | 【お知らせ】化学物質のリスクアセスメントツールを配付しています。

2016.07.20| 生命環境系主催の安全管理講習会が開催されました。[学内専用]

2016.05.30| 化学物質のリスクアセスメント(兼作業環境測定)に係る基礎調査及び実施について

2015.12.25| ’15 Special Seminar Environmental Health and Safety(研修会資料)

2015.12.22| 平成27年度英語による薬品・実験廃棄物管理研修会を開催しました。

PAGE TOP